お久

 言葉を書きたくてどうしようもなく、曲でも作ろうか迷っていた時にブログをやっていたことを思い出した。何故過去形かというと前回の最終更新が1月だからだ。これではブロガーの方に申し訳ない。特に書きたいこともない。何かもやもやしたものはあるけれどそれを言葉に出来る程の自己分析も語彙もない。今回は近況をだらだら書く。これを書いている今もどういうオチにしようかなんて思いついてない。以下そんな文章です。

 

 

 先日友人が出演するライブを聴きにいった。普段家で椅子に座ってモニターを眺めている僕だが、古くからの友人のライブということでその重い腰を上げた。場所は新代田(そこに着くまで"しんしろた"と読んでた)。会場のオープン時間より前に着いてしまったのでちょっと住宅街を歩いた。東京の街はおしゃれだ。住宅街ですら雰囲気というか、空気が違う。初めて行く住宅街なんて全部そう思うかもしれないが確かに感じた。夏の夕方だったというのもあるだろう。エモさにエモさが掛け合わさって僕の中の何かが大変なことになった。ライブ前からちょっと興奮しながら会場に入った。一人で行ったので扉の前で一呼吸置いた。中もおしゃれだ。こんな人間が来てよかったのだろうか。人は多くなかったが浮いていただろう。このライブは弾き語りのみだったので非常にゆったりできた。ここで絵とかプログラミングしてえと思った。ライブ後はそこで友人と出演者の方がちょこっと飲んでいたが僕がコミュ障を発揮してしまい、せっかく談話をぶった切ってしまった。すまない友人。その後は風龍行って帰った。美味しかった。

 

 

 書きたりないのでもうひと駄弁り。僕は趣味で絵を描いている。特に絵最近では絵に力を入れており、デッサンをしたり人体構造を勉強したり頑張っている。絵を描き始めて2年半くらいになる。描き始めると完成まで止まらなくなり、気づけば朝になっていることも少なくなかった。しかし最近どうも様子がおかしい。あれ程までに動いていた手が止まる。成長もあまり感じられなくなってきた。曲を精力的に作っていた頃にもあったが絵は落差が酷い。絵を描いている時の方が明らかにのめり込んでいた。しかし今はそこまでではなくなってしまった。ここで恐怖が蘇った。最高の曲を作ろうと奮闘した後、それを諦めた時の喪失感。正直に言うと僕は創作を始めたことを凄く後悔している。創作を始めたことで体験できなかったことや感動できたことは確かにある。宝物である。しかしそれ以上に辛いのである。

 僕は負けず嫌いだ。他人から評価されたし、あの人よりうまくなりたい。それが辛い。本来、創作にその考えは良くないと思う。競争心を否定しているわけではない。ライバルがいた方が成長する。しかし、自分の好きをアウトプットする場で全ての創作物が同じ土俵にいるわけがない。大衆受けするものもあればしないものもある。それはわかっている。けれど比べてしまう。その考えはずっと僕の中にあった。以前の記事でも同じようなことを言っている。この記事を書くに当たってその記事を見たが酷かった。今の僕と何も変わっていなかった。結論が"他人を気にせず恥をかこう"だったのが本当に笑える。この腐った性根は何か大きな出来事がない限り変わることはないだろう。本当に後悔している。けれど、ここで創作を辞めてしまうと辛さしか残らない。創作をすること自体は楽しい。この性根は呪っても呪いきれない。ずっとまとわりついてくると思うとげんなりしてくる。上手に付き合っていきたい。

 

 

 他人の弱音を聞くこと程嫌なことはないだろう。と書いたが弱音を聞くことが好きな人がいたら申し訳ない。そして嫌いな人もここまでの弱音を聞いてもらって申し訳ない。僕が文章を書くと弱音しか出ないが大多数の方もそんな感じだろう。みんな大なり小なり悩みを持っている。自分からしたら大きな悩みかもしれないが他人からしたら小さな悩みかもしれない。ここまで悟ったように書いたが僕も絶賛悩み中だし、この文章も黒歴史確定なので僕の見えない聞こえないところで嘲笑ってほしい。

 

おわり

投稿サイトに再生数表示は要らない

前回、前々回と主要サイトの再生数諸々を消して回ったわけですが、色々消して回った結果、投稿サイトでの再生数表示の必要性がないと感じました。

github.com

cssの設定をgithubに投稿しました。名前がガバガバなのは許してください。


音楽や絵、動画を探す時にきっと無意識に再生数やお気に入り数を気にして探していると思います。再生数が多いものは良いし、少ないものはたぶん面白くないろうと。僕もそう探していました。特に絵は一瞬で判断できるけれど音楽や動画はどうしても時間がかかる為、再生数で判断されがちです。けれど、これだと本当に良いと思える作品を逃してしまいます。再生数やお気に入り数を気にしないで作品を楽しみたい。そう思って色々なサイトの表示を消して回りました。まだ使って2日, 3日ですがとても良いです。せっかくの趣味や興味を外的要因で捻じ曲げたくないです。こんなことばっかり思ってるから友達が少ないのかもしれません。

おわり

ニコニコとYoutubeの再生数もろもろを消す

cssを上書きできるstylishを使いました。

Stylish - Custom themes for any website - Chrome Web Store

niconico

.itemContent .wrap {
    display: none;
}

strong {
    display: none;
}

.play {
    display: none;
}

.comment {
    display: none;
}

.mylist {
    display: none;
}

.VideoViewCountMeta {
    display: none;
}

.CommentCountMeta {
    display: none;
}

.MylistCountMeta {
    display: none;
}

.CategoryRankMeta {
    display: none;
}

Youtube

.yt-lockup-meta-info {
    display: none;
}

.watch-view-count {
    display: none;
}

.view-count {
    display: none;
}

これだけ

前回と同じくJSで走らせようと思ったのですがJSだと一瞬移ってしまって美しくなかったので今回はcssで上書きしました。
それとYoutubeに関しては関連動画欄の再生数が何故か消えませんでした。あとniocnicoのマイリスト欄で表示される再生数諸々はclass指定されてなかったので強引にstrongタグを消しました。どこかで問題でるかも。


他の方の作品をついつい再生数やらマイリストやらで選別してしまわないよう作りました。
自分で面白そうと思ったらそれでよいのです。周りは気にしない。最近そんな感じです。





おまけ
ニコニコの再生画面の上に出てくる目障りな広告はこれで消せます。

.AnimatorContainer {
    display: none;
}

自分好みにカスタマイズするの楽しすぎる。

Chromeから見るツイッターのRTを全部消す

ScriptAutoRunnerを使ってChromeから見るツイッターのRTを全部消しました。

const timer = setInterval(function() {
  $(".js-retweet-text").parent().parent().parent().hide();
}, 1000);

parent()の部分の頭の悪さ凄まじいですよね。これしか思いつきませんでした。
さらにsetInervalを使う方法は助言を頂いたので自分のアイデアの乏しさを痛感しました。


これでツイッターで使う時間が減って作業が捗ります。たぶん。

qiita.com

ペットボトル"綾鷹"のデザインに惚れた

f:id:fjsmu:20161219134002j:plain

皆さんご存じ"綾鷹"のラベルデザインをどのように好きになってどこが素晴らしいかという話をしようと思います。(画像はHPからお借りしました)

 

先日アルバイト先で無駄が極まりに極まったテストをやられされました(無給)。テスト内容は販売商品の名前と金額を覚えているか確認するもので、レジを導入していないが為に幾人もの犠牲を生み出し僕もそのひとりになりました。(バイト先のメンツを立てるため一応補足しておくとバイト先は宗教法人であり正月のお札お守りの頒布をする人向けのテストだったので分からなくもないです。まあ辞めてしまうので割とどうでも良いですそもそも男の僕はほとんど頒布せず裏方の仕事なのになんでテスt...)

 

これ以上グチが続いてもしょうがないので話を戻しますがそのテスト前に一本のペットボトルが支給されました。そう、これが綾鷹と僕との運命の出会いです。貰った瞬間はあざーすしか思わなかったのですがテストが早めに終わって綾鷹のラベルをぼーっと眺めているととあることに気が付きました。

「綾鷹のデザインやばくない?」

探すと綾鷹のデザインの面白さがわんさか出てきました。綾鷹を支給してくれたバイト先、さっきは言いすぎたさんきゅー。

 

熱い掌返しを見せたところでどこが好きなのかを書いていきます。差し色で赤と青を使っている綾鷹ですが赤を使っている部分(ペットボトル右上)は篆刻、青の部分(ペットボトル中央)は急須になっていて和の心を感じます。こんな感じで和がふんだんに取り入れられています。また中央に大きく書かれた"綾鷹"の文字は濃い緑色になっています。しかし良く見ると所々グラデーション(たぶん)で黒くなっているではありませんか。すごい。こんなほとんど誰も気付かないようなところまで。綾鷹の濁りが旨みを目で味わえるとは。味に視覚を寄り添わせるデザインはよくあると思いますが濁りを視覚で表すとこうなるのかと感嘆しました。

 

そして、ボトルデザイン。持ち手の部分が段々にへこんでいることによって持ちやすくなっています。これは普通に良く見る。しかしその下は葉っぱの形の凹みがあります。これは茶葉をイメージしていると思いますが、外から見たときうっすらその部分が浮きあがるので雰囲気がより強調されています。絵で例えると透明度を下げたテクスチャを上からオーバーレイとかで重ねる感じ。また取って部分の横縞に印刷されたデザインを横縞で合わせています。普段デジタル作品しか見ていないので立体芸術というかリアルなものに気付かされることが多いです。

 

他にも全体のデザインに枯山水だったり、下から中間は茶畑から空だったりと書きたいことはまだありますがこれくらいにします。

 

皆さんも今すぐコンビニか自動販売機へ行き、綾鷹を買い、観察してみてください。で締めようとするともの凄くステマっぽい。自分でも気持ち悪いくらいにベタ褒めでしたが兎に角、何気ない日常をちょっと目を凝らすと面白い発見ができるかもというお話しでした。

正しいプライドの捨て方

(この記事はAdvent Calender用の記事です。前日の方の記事)

 

を教えてください。

 

創作や競技をしていると多くの人がプライドを抱えると思います。そのプライドが情熱や努力に向けば良いのですが、僕のように自分を守る盾になってしまった人はどうすればそのプライドを捨てられるか一緒に考えてくださいおねがいします。

 

約3年前に僕は作曲を始めました。作曲なんて簡単だろへっへ~て言いながらDominoに向かい絶望したのを今でも覚えています。その後全てのコンポーザの方にごめんなさいしながら寝ました。もうそんなこと思いません許してください。その半年後にニコニコ動画に曲を上げ始めました。月に1つは動画を上げていたので今の自分から見ても褒めれる点だと思っております。しかしそれから約2年半、自分の作品に自信を持ちつつも結果を出せず仲良くなった創作仲間はどんどん有名になっていく。既に有名な方に褒められる(今思うとお世辞だったろうけど)を何故か焦りを感じどんどん歪んでいきました。その結果、僕の中には残念ながら歪の塊が生まれてしまいました。そうプライドです。自分を守る為に取り合えず他の方の良い曲を聴くと荒を探し、努力をするのも辛くなり何かと言い訳をして辛い作業を避け、挙句の果てには自分の曲の方が勝ってると思うと安堵するというゲスを極み尽くした考えをしていました。川谷さんもびっくりでしょ。他には年齢が低い人に僻む、他人に当たるなど数々の暴挙を行ってきました。これら荒探しや言い訳、他人に当たるなどはプライドが根源にあります(ということを最近気が付きました)。このプライドを捨てなければ僕がこれ以上向上することはないと思いプライドを捨てる決意をしました。

 

と力強く意気込んでいますがここまで読んできていただいて申し訳ないのですが具体的な解決案があるわけではありません。何せ最近のことなので僕自身も暗中模索状態です。ここからは僕が暗中模索って今に至った軌跡です。まずはWikipedia大先生にお話しを伺いました。先生によるとプライドというものは日本語では自尊心らしい。では自尊心は

 

自尊心(じそんしん self-esteem)とは、心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度である[1]

一般には自惚れなどとも同一視される[要出典]が、ここでは社会心理学における自己概念に関連して高揚もしくは維持されようとする態度、あるいは精神医学(QOL)上の『ありのままの自己を尊重し受け入れる』態度とする。

自尊心 - Wikipedia

 

だそうです。心理学をやっていない僕には良く分からないですが書いてある通り自惚れであるみたいです。自分が実際以上に優れていると思い込んでいる状態であるということです。つまりちょっと前の僕のことです。(最初の方にも書きましたがこの記事は自分を守るプライドについて言及しています。つまりネガティブに意味を取っています。その為意味の解釈に若干の間違いがあるかもしれません。変な人が何か言ってるよくらいに思ってください)。こうやって言葉にしていくと頭の中で整理されていいですよね。あ、いつもの独り言です気にしないでください。取り合えずプライドの意味が分かったので、その捨て方についても調べてみました。すると多くの記事で「他人と比較するな」「過去の自分と比較しろ」などと出てきました。これは何となく予想がついていたのですが面白かったのが「自分を屑だと自覚しろ」というのものです。他の方は全て上の存在であり、最底辺なんだから恥なんてないという考え。表面上では自覚していた僕ですが文字で突き付けられるとどきっとしました。そういえば恥を恐れる場面があったと頭をいくつか過りました。恥を回避することによって自分を守り、恥をかかない自分は優れていると錯覚していたのかもしれません。これを意識していればプライドを捨てられるかもしれない。少しずつ実践しています。 

 

今まで書いてきたことは全て墓まで持っていこうと思ったのですがプライドを捨てるため文章として残しておくことにしました。この記事は恥ずかしい内容ですが最底辺の僕にはなんてことないです。久しぶりにこの量の文章を書いたので落ちもへったくれもなくなってしまいましたが、最終的に言いたいのは「他人を気にせず恥をかこう」です。